むぎちゃんにグルメを添えて

飼い猫のむぎちゃんとグルメを紹介するブログです。

【職場での有志のお祝いは迷惑?】お祝いハラスメントについて解説します

職場での有志のお祝いは迷惑

 

『○○さんが結婚されたので有志でお祝いのプレゼントを贈ろうと思います!』

 

働かれている方は、1度はこんな社内メールが送られてきた経験があるのではないでしょうか。

 

私はこの断りづらい"職場での有志のお祝い"お祝いハラスメントと呼んでいるのですが、今回はこのお祝いハラスメントについて自分の考えを書き連ねていこうと思います。

 

お祝いハラスメントとは

主に職場内の誰かの結婚や出産といったタイミングにおいて、お祝いのプレゼントを贈るために有志という名のもと半強制的に行われる金銭の徴収のことです。

 

あくまで有志ではあるものの、社内メールを用いて連絡しているため誰が賛同し誰が拒否しているかが明白なことや、断った際のみんなからの目が怖いといった理由で、実際には半強制的になっていることが多いです。

なぜ有志のお祝いにお金を払いたくないのか

私は基本的に有志のお祝いには反対です。その理由は以下です。

そもそもお祝いは個々ですればいい

お祝いなんて気持ちでするものなわけですから、あげたい人があげたい物を渡せばいいと思うんですよね。

 

それをなぜチームとか部でまとめて、色んな人を巻き込む必要があるんだろうと思ってしまいます。

そんなにお世話になっていない人に祝う気持ちなどない

日頃からお世話になっている先輩とか、仲良くしている同期が結婚したならば、それはお祝いしたいですよ。

 

でも、そんなにお世話になってない人に対しては、ただチームや部が同じであるという理由だけでお金を払って祝う気にはなれないなと思います。

得てして金額が高い

有志のお祝いの金額が高い

 

まだ1人数百円であれば気持ちよく払えるのですが、有志のお祝いを企画する人たちって得てして良いものを贈りたがるんですよね。ほとんどが他人のお金なのに。笑

 

特に最悪なのが事前に予算を高めに見積もっちゃう場合です。例えば10人でお祝いを贈ろうとした場合、

 

予算を1人500円として物を探した結果、良さげなのが見つかったんだけどそれが6,000円だったから1人600円になっちゃいました、だったらまだいいと思うんですよね。

 

でも最初から予算を1人1,000円としちゃった場合、仮に良さげなのを見つけてそれが6,000円だったとしても、予算まだあるからと無理にもう1ランク上げたり、残りの4,000円で余計に何かを買ったりして、無理矢理予算の10,000円を使い切ろうとしがちです。

 

もはやお金を使い切ることが目的になっちゃってることがあるので、そういう人たちにはSTOPをかけたいですね。

"自分の時に貰えるからいいでしょ"という理論はよく分からない

こういう主張をするとよく、『まぁでも自分が結婚とかした時に貰えるんだからいいじゃん』と言われたりするのですが、正直よく意味が分かりません。

 

人に対しては安いものをあげて自分の時は高いものを貰えるなら良いかもしれませんが、金銭的価値がプラマイゼロなんだとしたらお互いの手間を考えたらマイナスですし、だったら自分のお金の使い道は自分で決めたいですよね。

お返しという明らかに不要な謎の文化

有志のお祝いのお返し

 

これは恐らく日本特有の謎文化だとは思うのですが、例えば結婚祝いを貰った時は貰った額の半返し、10,000円分貰ったら5,000円分の何かをお礼に返すのがマナーだそうです。

 

何ですかこの関わる人全員が損する文化は・・・笑

 

お祝いされた側はお返しをいちいち考えるの面倒ですし、お祝いする側もだったら最初から半額の物渡させてよってなりますよね(;´Д`)

 

そもそも不要だと思うお祝いの文化に、さらにプラスしてお返しというより謎な文化、日本の悪しきところが凝縮されてますね。

むしろ幸せな人がそうでない人にプレゼントを贈るべきではないか?(幸せの再分配)

これはもう私の性格がひん曲がっているというのは百も承知のうえで、こんな考え方もあるよというのを紹介させてください。

 

結局こういう類のお祝いって、最高に幸せな人が、そんなに幸せでもない人からプレゼントを贈られるっていう構図なわけですよね?

 

でも結婚とか出産した(する)人なんてもう幸せの絶頂なわけですから、さらに幸せじゃない人からお金巻き上げます?と思っちゃうわけです。

 

むしろ、例えば既婚者から独身者に毎年励ましのプレゼントを贈るみたいな、そういう幸せの再分配のような形があってもよくないですか?(実際に貰ったら惨めな気持ちになりそうなのでいらないですけど。笑)

 

なんかこのお祝い制度って幸せの格差が広がる一方だなと、お祝いハラスメントを受ける度に思います。

まとめ:職場で有志のお祝いを企画するときは慎重に!

基本的には職場で有志のお祝いなんか企画しないのがベストですが、もし企画する場合は低予算で良さげなものを探すなど、企画する側の努力も大切なのかなと思います。

 

なんだか顰蹙を買いそうな内容なので記事にするか迷ったのですが、ちょうどもやっとしたことがあったので勢いに任せて書き上げてしまいました。笑

 

もちろん良いものをあげたいけど1人だと厳しいって考えも分かるので、自分にとっての正解ではなく、お祝いに関わるみんなにとっての正解を模索していけるような雰囲気になったらいいなと思います。

 

では今回はここらへんで。

あわせて読んでほしい記事

mugiguru.hatenablog.com